パージ方式「単一ファイル指定」で、存在しているはずのファイルが「処理完了」ではなく「エラー」になります。